不動産一括査定のイエイ・イエウール・スマイスター3社を徹底比較!

Pocket

大手の不動産一括査定サイトである「イエイ」「イエウール」「スマイスター」どれも同じ一括査定サイトですが、実はそれぞれに違いがあります。どう違うのか徹底検証してみました。

目次

不動産売却は人生で一回または数回。後悔をしないように行動してください。

物件や土地を売却するときに大切なことは「物件の相場がいくらなのか?」「献身的に物件の売却活動をしてくれる不動産会社を見つける」この2つと言っても差し支えはないでしょう。高い査定額を提示してくれる不動産会社があっても、査定額だけで契約を結んでしまっては後々に後悔してしまいます。

査定額とは、過去の成約状況や立地条件をもとに「売却できるであろう価格」であり、必ずしもその価格で売却できるとは限りません。査定の段階で提示された価格がいくら魅力的な数字であろうと、実際に売りに出してみなければその数字で売れるかわからず、実際に家を売るときに査定額と売値が上下しない方が珍しいのです。

人生の中で、ほんの数回しかない物件の売買。そんな貴重な出来事を査定額だけで契約すると、場合によっては数百万単位の実質的損害にも繋がります。「どうしてその査定額になったのか?」「本当にその価格で売却する自信があるのか?」その額で売却するために、不動産会社はどのような売却活動で応えてくれるのかを比較することは、査定額の差よりも重要な要素になることも珍しくはありません。

査定額を相場よりも高く見積もり、契約してもらうといった会社も存在します。どのようにして売りにだすのか。広告の有無、どれくらいの期間で売却はできそうなのか?そういったことも比較対象にして、不動産会社を選びましょう。不動産会社の担当者と、相性が良いか悪いかも判断材料の一つです。大きな取引となるので、安易に決めつけず慎重過ぎるほどに不動産会社を選ぶように心がけましょう。仲介手数料や税金・その他のわからないことについて、すぐに相談できる良好な関係を築けることができれば、その不動産会社はあなたに合っているのかもしれません。

おすすめ不動産一括査定サービス

イエイ
不動産一括査定サイトの最古参。加盟への基準が厳しく、また「イエローカード制度」により、イエイの基準を守れない業者は常に排除されている。2017年度の利用者数が400万人を突破している。

イエイの一括査定はこちら

イエウール
業界最大級1400社以上の不動産会社が登録され、店舗を構えず不動産の売買に特化した会社なども候補として提示される一括査定サービス。プランが豊富。

イエウールの一括査定はこちら

スマイマスター

仲介だけでなく、買取一括サービスなども行っている。他にも、賃貸管理やリノベーションの一括査定サービスも行っている。不動産鑑定の総合商社のような存在。

スマイスターの一括査定はこちら

不動産売却後も手厚いサポートが強みのイエイ

イエイ
不動産一括査定サイトの最古参。加盟への基準が厳しく、また「イエローカード制度」により、イエイの基準を守れない業者は常に排除されている。2017年度の利用者数が400万人を突破している。

イエイの不動産一括査定はこちらから

イエイは不動産一括査定サイトの先駆者的な会社です。利用者も400万人を超え、テレビCMやウェブ広告でも頻繁に目にするようになりました。なぜイエイがこれほど有名になったのか?その秘密はイエイが持つ独自の思想、利用者からの満足度を最重要とした運営方法にあります。イエイは悪徳業者の徹底排除を心がけています。登録された不動産会社が悪徳業者だと判断された場合、イエイとの提携を解約されてしまうため、不動産会社も売主に対して積極的なアプローチをかけることができないのです。

2018年になっても、強引なやり口で不動産を売却し仲介料をせしめる会社は残念ながら星の数ほど存在します。相場の30%以上の査定額を売主に提示し、契約に持ち込みますが、売主はいつまで経っても売れない物件に不安が生まれます。そんなときに「内覧者からの印象が悪く、このままでは売れないので値下げしましょう」と提案されれば、このまま売れないよりは…と、相場よりも安い価格で売却させる悪徳業者も世の中には存在します。イエイからはそういった業者を締め出しています。

悪徳業者だと判断する基準は厳しく、不動産会社が必要以上の営業電話をするだけでも、イエイから忠告が届きます。過去にクレームがあった不動産会社なども解約されているので、イエイが紹介する会社は、選りすぐりの優良企業ばかりです。

もう1つ、イエイ独自のサービスとしてお断り代行というものが存在し、その名の通り、複数の不動産とのやり取り中に、断りを入れたい不動産会社があれば、イエイがその断りの連絡を代行します。また、不動産担当者と気が合わないから担当者を変えて欲しいなどといった相談・要求も可能です。

イエイは24時間メールや電話でサポートの受け付けをしているので、依頼者が気になったことはどんな時間でも相談可能。電話やメールの相談では心もとないという方には、地域は限定されますが、個別のサポートカウンターもあり、直接店舗にいき相談しましょう

イエイの不動産一括査定はこちらから

イエイはこんな人におすすめ

・手厚いサポート態勢を望んでいる
・断りの連絡をするのが苦手
・悪徳業者の当たる可能性を少しでも減らしたい
・査定後でもフォローをしてもらいたい

イエイの不動産一括査定はこちらから

イエイの口コミ

ネガティブな口コミ


悪徳業者はいないのだろうけど、地方の不動産会社には弱い?(50代/女性)
少しでも高く売れるように申し込みをしてみてけど、地方…というより田舎の地域だと選択の余地はあまりない?イエイに掲載されていない地元密着型の不動産会社の方が査定額は高かったのは「やっぱりな」と感じました。沢山の不動産会社がある都会なら便利そうですけど、周りに不動産会社がほとんどない土地にはなくても関係ないかも…?

申し込み時に本名を記入するのに抵抗がある(60代/女性)
一括査定時に本名を入力して、それが流出したりしないかが心配。匿名で一括査定を受けさせてくれたら良かったのにって思いました。

ポジティブな口コミ


売れなかった物件がイエイを利用して2ヶ月で売却できた(男性/40代)
知り合いの不動産会社に頼んで売りに出してもらっていたんですが、半年経っても見学の連絡なし。知り合いからの連絡もないことに苛立ちを覚え、イエイを利用してみました。一般媒介契約で数社に依頼してみたところ、週に何度も見学の連絡が来るではありませんか。これだけ見学者が来るなら査定額よりも高く売れるかも?と思い、査定額よりも高い価格で売りに出していましたが、見事売却できました。今までの苦悩はいったいなんだったのやら…もっと早く活用しておけば良かったと思います。

両親の家を売却。その後の税金のことも教えてくれた。(60代/男性)
両親の家を売却する際にイエイを使ってみました。5社からの査定額を見比べて、大手か地元かの二択まで絞れました。大手の方が査定額は大きかったのですが、何かあったときのために…と、地元の不動産と専属契約。10日くらいで見学の問い合わせがあり、2ヶ月で売却できました。売却後は家を売った時にかかる税金の事を詳しく教えてくれたり、イエイを使って本当に良かったと心から思います。

イエイの不動産一括査定はこちらから

イエイへのよくある質問

不動産一括査定の老舗なのに、提携会社が他と比べて少なくありませんか?

イエイは悪徳業者や売主にとって好ましくない業者を徹底排除しています。提携会社の数が少ないのはそのためです。イエイはサービス誕生から10年以上の月日が立っているのですが、一定水準以下のサービスしか提供できない不動産会社は除名されています。

うちはとても古い家なんですが、こんな家でも売れますか?

家としての価値はなく、各不動産から土地代だけの査定額を出されても、査定額以上の金額でも買いたいと思う買主を見つけられれば、売ることは出来ます。実際に、築48年で立地条件も悪い一戸建てが高額で売れた実績もあるので、お気軽に相談してみてください。納得いく価格で売りたい売り手に対して、買い手を見つけるための万全のサポート体制が整えられているのがイエイです。

一括査定を申し込んだ後、ひっきりなしに電話がかかってくる事はありませんか?

申込時に不動産業者から電話がくる時間などを決めておけます。たとえば土曜日の13時から15時までなら電話を受けられる。電話ではなくてメールなら対応できるなど、利用者にとって一番いい方法が選べます。ただしこれらを前もって決めておかないと、必ず不動産会社から電話が一報入ります。電話はあまりしたくないと思っている売主さんは、必ず事前申告してください。

1000社もいたら中には悪徳業者も中には存在するんじゃないでしょうか?

イエイに関しては考えにくいでしょう。イエイに加盟するにあたり、厳しい審査が設けられています。また、登録時には不動産業者とイエイの審査官が実際に面談して、信頼できるかどうか判断するチェックもあります。法人化しておらず、個人であったり、評判が悪い不動産業者は登録できません。仮に印象が良くない業者にあたった場合、すぐにイエイに相談してください。そのような業者など代わりにを排除してくれます。

他の不動産一括査定サイトとイエイの違いはなんでしょうか?

不動産一括サイトとして10年以上のキャリアを持っているため、他の一括査定サイトにはない実績、そして各不動産会社との信頼関係が厚いのがイエイの特徴です。そのため売主さんに対して、自信を持って紹介できる不動産業者が多く存在します。

私は「イエイ」についてこう思う!

イエイ
不動産一括査定サイトの最古参。加盟への基準が厳しく、また「イエローカード制度」により、イエイの基準を守れない業者は常に排除されている。2017年度の利用者数が400万人を突破している。

イエイの不動産一括査定はこちらから

イエイは家を売りたいと考えている人たちがストレスを抱えることなく、売却までの道筋を記してくれる会社だと感じています。

他の一括査定サイトでは、申込み後の電話が一般的なのに対して、イエイは電話かメールの選択ができます。電話に出られるタイミングではなくとも、メールで相手の出方などを見て判断することも可能です。

売主さんが不動産を売却するまでの手厚いサポートもイエイならではでしょう。10年以上多数の不動産を紹介してきたイエイだからこそ、売主さんの不動産をより高く、希望に近い価格で売却できる会社を紹介できる可能性を持っています。

主要大手から地場不動産会社まで!イエイの不動産一括査定はこちらから

イエウールの最新技術と集客力!登録不動産会社数1500社!

イエウール
業界最大級1400社以上の不動産会社が登録され、店舗を構えず不動産の売買に特化した会社なども候補として提示される一括査定サービス。プランが豊富。

イエウールの一括査定はこちらから

イエウールは2014年に立ち上げられた不動産一括サイトです。イエウールの最大の魅力は、登録不動産会社を業界最多の1500社以上抱えていることです。

大手不動産会社から地域密着型の不動産まで網羅されています。他の不動産一括サイトでは出会うことのできなかった会社と、出会える可能性があるのがイエウールの持つ強みのひとつです。不動産会社は大手・中規模の会社よりも小規模な街の不動産会社が多く、イエウールには店舗を持たずに事務所しか置いていない不動産会社も数多く登録されています。

店舗を持たず事務所だけの不動産会社は、街を歩いていても見つけることができません。店舗を持っていない不動産会社だからと言って、何か不都合があるという訳ではなく、逆に店舗を持っていないからこそ、問い合わせに対してすぐに対応することができる利点などがあります。店舗がない不動産会社には不安がある…という場合は、大手の不動産会社を選ぶのも良いかもしれません。

2014年立ち上げにも関わらず、業界最多の不動産会社提携数です。これはイエウールの運営会社である株式会社Speeeが、長年Webマーケティングで培ってきたテクノロジーや集客力を最大限に利用したからこそ達成できました。また、登録されている不動産会社とはイエウールの営業が直接会った上で提携されるので、信頼度も高いと言えるでしょう。

また、イエウールで不動産を一括査定したとき、現在取り掛かっている業務で手一杯な会社は候補者として表示されません。
タイミングや地域によっては不動産会社が表示されないこともありますが、その際にも候補会社として現れる「イエウールサポートセンター」に連絡すれば、候補の不動産会社を探してくれます。

イエウールの一括査定はこちらから

イエウールはこんな人におすすめ

・とにかく沢山の不動産会社に査定してもらいたい。
・自分の持っている物件の相場の価値をまずは知りたい。
・納得できる価格で売却したい。
・不動産会社について詳しく知りたい
・街中では見つけることのできない不動産会社にも査定してもらいたい。

イエウールの一括査定はこちらから

イエウールの口コミ

ネガティブな口コミ


連絡はメール希望と記入したのに電話がかかってきた(30代/男性)
一括査定を申し込んでからしばらくするとメールではなく電話がかかってきた。仕事中だったこともあり、苛立ちながら電話をかけてきたのか問いただすと、「要望の欄を見逃して電話をかけてしまった」とのこと。イエウール側に非はありませんが、ろくに希望欄も見ずに電話をかけてきた不動産会社と提携しているのは問題だと感じ、すぐにイエウールにクレームをいれました。

若手の仕事のできない子が担当だった(40代/女性)
イエウールで一括査定をしてもらって、良さそうな不動産会社を選んだものの担当者が若くて仕事に慣れていない感じだった。売却額は良かったけれど、物件の売買なのだからもう経験豊富の子に担当してもらいたかった。

ポジティブな口コミ


机上査定がとても役に立った(30代/男性)
持っているマンションの一室を、イエウールでどの程度の売却価格なのか机上査定をしてもらいました。自分の持っている不動産はどの程度になるのかなどを知っておきたかったので、一括査定で相場を知ることが出来て納得できました。連絡方法をメールでお願いしていたので、電話がかかってくることなくとても良かったです。3社に査定額を出してもらい訪問査定もお願いしたんですが、訪問査定時に「とてもいい物件なので、査定額を再計算させていただきます」と言ってくれる会社もでてきて、不動産会社によってこんなに対応が違うのだな。と感心しました。

細かい要望も親身になって相談にのってくれた(50代/女性)
元々ほかの不動産会社にお願いはしていたものの、3ヶ月で見学者が1人だけという結果に痺れをきらしてイエウールに相談。早く売却したいが高くも売りたい。などと、無理難題の希望を述べてみました。イエウールに任せて6社ほど紹介してもらいましたが、一番気合の入った不動産と専任媒介契約ができました。紹介してもらった不動産会社からは、1ヶ月に2人ペースで内覧の申し込みが入り、最初の見学者が購入してくれてイエウールを使って、一括査定できて良かったと思っています。

イエウールの一括査定はこちらから

イエウールへのよくある質問

不動産会社を選ぶ時に査定額が高い会社を選んだ方いいのでしょうか?

必ずしもそうとは言い切れません。自身の持つ不動産の価値を知った上で、査定額が飛び抜けて高い不動産会社には、契約してもらいたいがためにわざと高い査定額を出す不動産会社も存在します。高過ぎる査定額での物件が売れることは稀で、買主が見つからず焦っている売主に「売却するために価格を落としましょう」と持ちかけてくる不動産会社もあります。そのため、高過ぎる査定額を提示してくる不動産会社には注意が必要です。

不動産会社を選ぶ時の見るべきポイントはありますか?

不動産会社も契約をしてもらいたいという気持ちは持っていますし、セールストークは使います。そのセールストークのなかで良いところだけではなく、悪いところもハッキリ説明してくれる不動産会社がオススメです。会話が上手で良い所しか話さない人は注意した方がいいかもしれません。こちらの質問に対して納得のいく解答をしてもらい、プラスもマイナスも隠さず話してくれる不動産会社を選びましょう。

イエウールの一括査定を使うと物件が高く売れるのでしょうか?

イエウールは業界最多の登録不動産会社数なので、他の一括サイトよりも高く売れる可能性は上がります。ただ、必ず高く売れるという保証はありません。

実際売却額が極端に変わるはあるんでしょうか?

そういったケースは多々あり、数百万の差がつくこともあります。ですが、一般的な相場から大きく動くことはありません。各不動産会社ごとによって値段が違うのは事実です。ただし、不動産会社のなかには、査定額を大きく上回る価格で売却を可能にする会社もあるのは事実です。

不動産会社との契約は一般媒介じゃなくて専任媒介がいいの?

専任媒介で契約することをおすすめします。もちろん、一般媒介でも問題はありませんが、一般媒介ですと複数の不動産会社との契約となるため、各不動産会社との争いが生まれることもあります。また、不動産会社の優先順位は専任媒介>一般媒介になるので、自分がいいなと感じた不動産会社に、専任媒介で契約することをオススメします。ですから、最初は一般媒介で売却依頼をしてもらい、その後の熱意などを見て専任媒介することをオススメします。

イエウールの一括査定はこちらから

私は「イエウール」についてこう思う!

イエウール
業界最大級1400社以上の不動産会社が登録され、店舗を構えず不動産の売買に特化した会社なども候補として提示される一括査定サービス。プランが豊富。

イエウールの一括査定はこちらから

登録不動産社数は1500社以上あるので、他の一括査定サイトよりも豊富な選択肢から候補を選べます。

大手企業の加盟・提携は当たり前となっているこの時代、中小企業を多く取り組んだネットワークはイエウールが持つウェブテクノロジーがなければ完成しなかったでしょう。

選択肢が増えれば、自分にとって最良の不動産会社を見つけられる可能性も上がります。そしてその可能性を強く秘めているのがイエウールです。

登録会社は1500社以上!イエウールの一括査定はこちらから

スマイスターは不動産業界随一独自のノウハウを持っている

スマイスター
仲介だけでなく、買取一括サービスなども行っている。他にも、賃貸管理やリノベーションの一括査定サービスも行っている。不動産鑑定の総合商社のような存在。

スマイスターの一括査定はこちら

スマイスターには大手から中小企業合わせて1300社の不動産会社が加盟しており、あなたのお住いの地域・所有されている土地の一括査定をすることが可能です。他の不動産一括査定と違うポイントは、スマイスターは不動産仲介意外にも不動産買取一括査定の事業サービスも持っており、他の一括査定サイトと比べ選択肢を広げることができる点です。

スマイスターの運営元であるC-styleは2004年創業。その後2006年というインターネットが本格的に普及しだした時期から、Web上での不動産査定サイトを運営。不動産査定サイトを横ばいに展開していき、いくつもの不動産関係のウェブサービスを生み出してきました。そして2013年には今までの不動産メディア媒体の8つを統合し、スマイスターとして運営を開始。

スマイスターが他の一括査定サイトにはない幅広い不動産の事業サービスをおこなっているのはこのためです。スマイスターは不動産売買の他に、任意売却や土地活用、賃貸管理や不動産投資・リノベーションなど数多くの不動産事業も持っているため、不動産を売却する以外の選択肢も提案してもらうことが可能です。家の住み替えなどもスマイスターを利用することで、すべて完結できます。

数々の不動産事業を行っているスマイスターは、不動産業界においてハブ的な役割を果たしていると言えるでしょう。またスマイスターはマガジンという不動産会社や、家の売買を考えている人に向けた不動産のニュースポータルサイトも運営しており、常に不動産関連の情報を専門家たちがコラムなどを掲載して情報を発信しています。こういった不動産業界の動向などを把握しておけば、不動産を鑑定してもらうとき、あるいはアパート経営をはじめるときなどにも役立ちます。

スマイスターはこんな人におすすめ

・より多くの不動産会社に査定してもらいたい。
・不動産売買意外にも相談してみたい事がある
・査定額やなぜ、その値段なのかの根拠を知りたい
・10年以上にわたる不動産のノウハウを活かしたサービスを受けたい。

スマイスターの一括査定はこちらから

スマイスターの口コミ

ネガティブな口コミ


私のミスですが、面倒ごとが多かった(40代/女性)
スマイスターのサービスには不満はありませんが、仲介業者の方たちの連絡が面倒でしたね。文面では好印象の人でも、訪問査定をしてもらったときなんか押しが強くて、ちょっと嫌な思いをしました。旦那がいないときだったら思わず専任になってしまうところでした。結局は人対人なので担当者が苦手な人だったりすると、イメージは悪くなります。

知ってる事を長々説明されたのがマイナスだった(50代/男性)
数ある不動産一括査定のサイトを見比べて、スマイスターを選んだものの、知っているサービス内容を長々説明されることには苛立ちを覚えました。業務内容で必ず確認しなければならないってことはわかりますが、それは知っています。こういうことでしょう?と説明しても、マニュアル通りに説明してくる担当者には馬鹿にされているように感じました。

ポジティブな口コミ


築築28年の古い家が売却できました(70代/男性)
1年に1度家族で集まる日を設けているんですが、息子から一緒に暮らそうと言われました。妻は先立ってしまい、私自身の身体も段々悪くなってきていることを実感していたので「遂に私も面倒をかける年になったのか」と痛感し、家の売却を決めました。インターネットを使って調べていると、家を売るときには複数の不動産から査定額を聞いていた方がいいと書いてあったので、一度の入力で複数の会社に申し込みができるスマイスターさんを使わせて頂きました。6社から査定をしてもらい、5社からの査定額が家は0円、土地代だけのだけでした。ですが、1社だけ家にも査定額をつけてくれた会社がいて、その会社に決めました。結果として、想像より大きく売ることが出来たので満足しています。

いい不動産会社に巡りあわせてくれた(50代/女性)
家を売るとなったら調べたりしますよね?そこで一括査定サイトの存在を知りました。最初は「怪しい」という気持ちが強かったのが事実です。でも無料だし…と思って、スマイスターを利用しました。4社の不動産を選んで、不動産会社の違いを見ていると会社の方針、人柄などが見えてとても勉強になりました。選んだ不動産会社は査定額も他の不動産会社より少し低めに設定されていました。選んだ理由は、良いことも悪いこともすべて教えてくれたからです。他の不動産会社の担当は専任媒介をセールストークの中に詰め合わせてきてましたが、その会社は一般媒介と専任媒介の違いをハッキリ説明してくれたり、マイナスポイントも包み隠さずに話してくれたため、その会社に決めました。売却も予想より早くできたので、不動産会社をいくつかみるというのは、重要なことなんだなと感じました。

スマイスターの一括査定はこちらから

スマイスターへのよくある質問

不動産仲介と不動産買取の違いとはなんでしょうか?

不動産仲介は売りたい不動産を不動産業者にお願いし、買いたい人を探して売却するのが一般的な流れです。不動産買取の場合は不動産業者が直接、売主の不動産の買取を行います。

・不動産買取には仲介手数料がない
不動産買取には仲介料というものは発生しません。

・不動産買取はすぐに売却する事が可能
不動産買取は不動産会社が不動産を買い取ってくれるため、すぐに売却したい人に対して便利なサービスです。

・不動産買取は仲介に比べると売却額は下がってしまう
不動産仲介は売り手と買い手の話し合い、値段の交渉などによって、値段が決まりますが、不動産買取は不動産会社が売主の不動産を購入するため、「売れない」というリスクを負わなければなりません。また傷んだ箇所があれば、リノベーションや修繕費などもかかってきます。そのため売却価格は不動産仲介より安くなります。

仲介手数料とはなんでしょうか?

仲介手数料は、不動産を売る側と買う側の両方が不動産会社に支払わなければいけません。 仲介手数料の計算方法は、取引金額が400万円以上であれば「成約価格の最大3%+60,000円」という方法が一般的となっています。最大3%なので、仲介手数料は不動産会社が自由に決めることはできます。

どのくらいの期間で不動産は売却できますか

一般的に仲介契約をしてから3ヶ月から6ヶ月が目安となっています。もちろん、早く決まる売却できることもあれば、それ以上の期間を要することもありますので、あくまで目安とお考え下さい。不動産買取の場合でしたら2週間から1ヶ月くらいで売却できるのが一般的です。

売却時に注意することはありますか?

売却した翌年には確定申告が必要となります。売却によって購入した時よりも利益が出た場合は税金を納めなければなりませんが「居住用の3000万円控除」などがあるためです。売却時に損失がでた場合は「譲渡損失繰越控除」と呼ばれるものがあり、最大で3年間の間収める所得税や市民税、保険などが下がる場合もあるので、必ず確定申告をしましょう。

売却後に瑕疵が見つかった場合どうなるのでしょう?

一般的には、売却後の3ヶ月以内に瑕疵が見つかった場合、売主が補修等の責任を負わなければなりません。ただし、売却前にあらかじめ壊れている部分などを明記していた場合は瑕疵にはならないので、不動産売却時には修繕が必要な箇所や傷などは明記されていた方がトラブルを防げます。

スマイスターの一括査定はこちらから

私は「スマイスター」についてこう思う!

スマイスター
仲介だけでなく、買取一括サービスなども行っている。他にも、賃貸管理やリノベーションの一括査定サービスも行っている。不動産鑑定の総合商社のような存在。

スマイスターの申し込みはこちら

スマイスターはWeb上で多くの不動産メディア媒体を運営しており、不動産というジャンルにおいては他社とはまた違ったノウハウを持っている存在です。

そのノウハウは、10年以上に渡って数多くの不動産事業を運営し培った確かなノウハウです。不動産の売却を考えている人に、不動産を売却せずに別の方法で運用を提案できるのはスマイスターだけでしょう。

全国1300社以上の不動産会社がスピード対応!スマイスターの一括査定

不動産一括査定イエイ・イエウール・スマイスターまとめ

不動産一括査定サービスでとくに人気の高い3社の比較を紹介させていただきました。

イエイは徹底して悪徳業者を排除し、質の高い不動産会社のみを厳選。24時間態勢で売り手にとってのサポートが最も手厚い所が強み。

イエウールは独自のWebテクノロジーと豊富な営業メンバーによって、業界最大級1400社以上の会社を登録。他のサービスでは見つからない、売買に特化している無店舗型不動産会社なども探せます。

スマイスターは不動産売却の他にも、不動産に関わることならば柔軟な対応が可能。仲介から買い取りへの切り替えも可能です。

3社の仕組みは大きくは変わらないものの、それぞれ強みを持っているのです。

イエイの不動産一括査定はこちらから

イエウールの一括査定はこちらから

スマイスターの一括査定はこちらから

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

賃貸経営をするなら?アパート経営にはイエカレ!