プロパンガスが都市ガスより高い理由って?

Pocket

プロパンガスはどうして都市ガスよりも高い料金設定がされているのでしょうか。都市ガスとの違いや料金比較して、それぞれの特徴や料金を抑えるための対策方法について知っておきましょう。

こんな人に読んでほしい

プロパンガス博士とのとある会話


プロパンガス料金が高くて困っているんだってね。

そうなんですよ。先月引っ越ししたアパートがプロパンガスで、予想していた以上に高くて……。

賃貸アパートやマンションはほとんどがプロパンガスだから、はじめてひとり暮らしをする人は驚くことが多いかもね。でも、契約次第では料金を安くすることもできるのよ。

そんな方法あるんですか?プロパンガスの利用料金なんてどこも同じなんじゃ。

プロパンガス都市ガスと違って自由料金だから、各会社によっても料金設定がバラバラになってるの。プロパンガス高いのには理由があるのだけど、もしかしたら必要以上に料金を取られている可能性もあるわ。

そうだったんだ。プロパンガス都市ガスだけじゃなくて、プロパンガスのなかにもいろんな違いがあるんだね。

プロパンガス都市ガスの違いとは?

まずはプロパンガス都市ガス料金以外の違いについて確認していきましょう。都市ガスは地下の配管を通して供給されるのに対して、プロパンガスは液体ガスの入ったボンベを各世帯に付置することで供給しています。

使われているガスの成分も異なっており、都市ガスではメタン、プロパンガスではブタンやプロパンが主に使われています。圧縮することで常温でも液体化することができるため、運搬や充填がしやすいというのがプロパンガスの特徴です。

プロパンガス料金はどうして高いのか?

プロパンガス都市ガス料金に差が生まれるのは、料金形態に違いがあるからです。都市ガスは電気や水と同じ公共料金となっており、料金設定の範囲があらかじめ決められています。

一方、プロパンガスは自由料金となっており、供給する会社も民間企業であることが多く、利益の見込めない料金は設定しません。また、都市ガスは導入時の設備費用が高くても一度供給が始まると利用料金だけで済むのに対して、プロパンガスは定期的なメンテナンスや交換費用など毎月の料金に上乗せされているのも料金が高くなる理由のひとつです。

プロパンガスにもメリットはある?

料金が高かったり、設置場所が取られるというマイナスイメージが強いプロパンガスですが、都市ガスよりも優れたメリットもあります。代表的なメリットが復旧の早さです。

震災などの大きな災害の場合、都市ガスは配管の修理や点検のため復旧までには長い時間が必要になりますが、各家庭ごとに運搬・設置ができるプロパンガスは安全確認がしやすく早い復旧ができます。実際に、災害後のライフラインで最も早く復旧するのはプロパンガスだとされており、炊き出しなどの早期準備にも欠かすことができません。

地方には都市ガスが少ない?

都市ガスはその名前のとおり、人口や住宅が多く密集する地域のみで普及していることがほとんどです。都市ガスの配管が家の近くにない場合でも、延長工事などをすれば使えるようにはなりますが、距離が離れているほど設置費用も高額になります。

そのような場合は長期的にもプロパンガスの方が料金を安く抑えられるため、利用料金が安いからといって必ずしも都市ガスの方がお得というわけではありません。プロパンとメタンガス(都市ガス)では使えるコンロや給湯器にも違いがあるため、プロパンガスから都市ガスへ変更する際には大きな費用を準備する必要があります。

賃貸アパート・マンションの大家さんがプロパンガスを選ぶ理由

都市ガスの配管インフラが十分に普及している都市圏でも、賃貸アパートやマンションではプロパンガスを導入していることがほとんどです。これはアパートやマンションの所有者である大家さんが、ガス設備の導入費用を安く抑えるために、プロパンガスを選ぶことが多いためです。

プロパンガス会社はアパートやマンションに対して、無償で設置工事を施すというサービスを慣習的に続けています。当然そのままでは利益が出せませんが、無償で設置する代わりに利用料金を高く設定して、入居者から設置費用を回収しようという狙いがあります。こういった慣習があるため、一戸建てに比べて賃貸アパートやマンションのプロパンガス料金は高くなることが多く、契約によっては必要以上に取られていることもあるため、注意が必要です。

適正価格と比較してみよう

自由料金であるプロパンガスは、契約方法や提供会社によっても料金設定が大きく異なります。毎月のプロパンガス料金が負担になっている場合、自分の支払額と適正価格を一度比較してみましょう。

情報の幅が広く比較が難しいとされてきたプロパンガス料金ですが、現在では「enepi」といった一括見積もりサイトを利用することで、簡単に料金を比べられるようになりました。ガスの利用料金には毎月固定の基本料金と、使用量によって変わる従量料金の2種類があります。

この2つの料金設定が適正価格よりも高い場合は、契約会社そのものを変更することを検討した方がいいでしょう。

まとめ

都市ガスよりも高いプロパンガス料金ですが、契約会社や契約内容によってはさらに料金が高く設定されている場合もあります。

あまり知られていませんが、プロパンガス会社との契約は決められているものではなく、変えることができます。どうせ変更はしないだろうと、必要以上に高い料金を設定している悪質なプロパンガス会社もなかにはいるため、不安や疑問を感じたときは迷わず適正価格と比較してみましょう。

プロパンガスの一括見積もりサイト「enapi」は、無料で簡単に料金比較することができ、契約変更の手続きもサポートしてくれます。お得な料金設定に変えることで、毎月の負担を楽にしてみませんか。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マンションのプロパンガス料金が高い理由って?

高いプロパンガス利用料金は交渉で安くできる!?

高いプロパンガス料金、相談はどこにすればいいの?

高いプロパンガス使用料金を安くするサービスを比較してみました!